東京都港区 MBクリニック麻布十番

お電話でのご予約・お問い合わせ 03-3455-7007

白玉点滴をご存知ですか?

2018.12.26

美容点滴

最近話題になっているのが、白玉点滴と呼ばれるものです。
もうお聞きになっている方も、あるいはなんのことだろう?と気になっていた方もいらっしゃるかもしれません。
内容はよくわからないけれど、芸能人や海外セレブがこれにハマっている、最近綺麗になった誰それがやっているらしいという噂が、広く聞こえてきているのでしょう。

それほどまでに話題になっている白玉点滴ですが、美容点滴とも呼ばれています。
いくつかの別称がありますが、中には「ビヨンセ点滴」「ビヨンセ注射」という、歌姫・ビヨンセの名を冠したものまでみられます。
実際にビヨンセがこの点滴や注射を受けていたのかはわかりませんが、なぜそう噂されているのかというと、ビヨンセの肌が美しく変化からだといわれています。

つまり白玉点滴というのは、美白成分を直接身体に取り込んでしまおうという発想の元、主に美肌に効果が認められる成分を配合した注射や、点滴を指しているのです。
また、美肌に関係するものだけではなく、デトックスや疲労感などの改善につながる成分も含まれていることから、様々な効果が期待できるとされています。

点滴や注射と聞くと、ちょっと怖いような気がするという方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、この白玉点滴や美容点滴と呼ばれるものは、エステサロンなどでは受けられないのです。
注射や点滴は医療行為に当たるので、施術できるのは医療クリニックや美容クリニックでのみとなります。

今回は、まだちょっと耳慣れない方も多いかと思う、白玉点滴、美容点滴についてご紹介してまいりましょう。

白玉点滴(美白点滴)とは?

点滴

先に、「主に美肌に効果が認められる成分を配合した注射や点滴を指す」とお伝えしましたが、配合されている成分は、クリニックによって違いがあります。

おおまかにですが、基本になる成分としてはビタミンやミネラル、アミノ酸に関係するものなど、誰もがよく耳にするものばかりです。
その基本になる成分をベースにして、各クリニックで独自の配合で、点滴や注射の薬剤を用意しています。

また、成分に違いがあるとは言っても、どれもお肌を若々しく保つために有効だと思われるものが配合されています。
中には、シミやくすみなどに効果的であったり、美白やシミなどに効果が期待できるもの、お肌のたるみを改善に導く成分のものなど、特に気になるところにアプローチする成分のものを、目的別にわかりやすく用意しているクリニックもあります。

このように、一口に白玉点滴といっても様々な種類があるので、自分が何を求めているのかと、クリニックで提供される薬剤の内容を、しっかりと考えあわせることが大切です。

では、基本的な成分と、その主な効果を見てみましょう。

注入する主な有効成分の種類

・プラセンタ
プラセンタはとてもよく耳にすると思いますが、どんなものなのかはあまりよくご存じないのではありませんか?
プラセンタには、タンパク質、アミノ酸、ビタミン、核酸、脂質、糖質、ミネラルなど、豊富な栄養成分が含まれています。
動物実験やその他から、傷の治りを促したり、細胞の呼吸を促す作用があり、動脈や静脈、毛細血管を構成する細胞を活性化したり、抗疲労作用があるとされています。
また、肝機能障害を改善する薬としての利用もされています。

・ビタミンC
ビタミンCと聞いただけで、美肌や美白を思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれません。
ビタミンCは、私達の身体の中にある細胞と細胞の間を結ぶ、コラーゲンと呼ばれるたんぱく質を作るのに欠かせません。

ビタミンCが不足すると、骨や腱などを結合させるたんぱく質であるコラーゲンが合成されなくなってしまうため、血管がもろくなったり、筋肉が減少してしまったり、肌の張りが失われてしまうことが考えられます。
また、皮膚のメラニン色素の生成を抑える働きがあることから、日焼けを防いだり、美白への効果があるとされます。
近年ではビタミンCの抗酸化作用が、動脈硬化やガンへ有効であるということで、さらに注目が集まっています。

・ビタミンB2
ビタミンB2は、皮膚や粘膜を保護し、維持する働きをすることが知られています。
また、吸収されたあと、体内では糖質、脂質、たんぱく質を代謝し、エネルギーに換えるなどします。
皮膚、髪、爪などの細胞の再生にも関わっており、皮膚の状態の改善などに役立っています。

・ビタミンB6
ビタミンB6は、皮膚や髪を健やかに保ち、成長を促す作用があります。
私たちの身体は食べものを摂ると、その中のたんぱく質を一旦アミノ酸に分解して、自分たちの身体に適した形で再合成します。
その際、一部のアミノ酸を生成するのに必要不可欠なのが、ビタミンB6です。
このため、免疫機能を維持するのに必須で、皮膚や粘膜の状態を保つのにも効果的だと考えられています。

・ビオチン
ビオチンは、ビタミンB群に属しており、体内では酵素を活性化する働きをします。
たんぱく質や炭水化物の材料であるアミノ酸、脂質や脂肪酸などの合成や、エネルギー産生にも関わっています。
ビオチンは、身体の中ではほとんどがたんぱく質と結合した状態で存在しています。
消化でたんぱく質が分解されると、結合していたビオチンが分離して、主に空腸から吸収されます。
ビオチンが不足すると、肌荒れや脱毛などの心配があるとされています。

・コンドロイチン
コンドロイチンとは、軟骨に多く含まれる成分として、聞かれたことがある方も多いと思います。
ジェル状の物質で、適度な状態で水分を保ってくれるので、膝などの関節の動きをなめらかに保ったり、守ったりしています。
軟骨以外でも皮膚や粘膜、もちろん臓器にも分布していて、また、細胞と細胞を結びつける性質があり、保湿力に優れた物質でもあります。
皮膚の内側で水分や栄養を保持して、みずみずしさやハリを保つことが知られています。

・グルタチオン
グルタチオンというのは、グリチルリチン酸、グリシン、システインの3つのアミノ酸から構成されるトリペプチドです。
“トリペプチド”というのは、アミノ酸3つでできた、コラーゲンの最小ユニットを指します。
コラーゲンはよく聞くので、ご存じの方も多いと思います。
このグルタチオンには、強い抗酸化作用があることが知られています。
免疫系においても重要な役割を担っていると考えられていて、アレルギーなどへの抑制作用も期待されています。
また、メラニン色素の生成を抑制するので、そのことから美白への効果もあると考えられます。

・葉酸
葉酸は、赤血球の生産を助けるビタミンで、代謝にも関わっています。
植物の葉に多く含まれていて、ビタミンB12と共に作用して、赤血球を作っています。
葉酸の重要な役割は、たんぱく質や細胞を作る際に必要な、DNAなどの核酸を合成すること。
代謝にも関与していて、細胞の生産や再生を助けている、身体の成長や維持にはとても重要な役割を担っているビタミンだといえます。

・αリポ酸
α-リポ酸は、私たちの身体の細胞の中で老化を促進するフリーラジカルと戦っていて、効率的にエネルギーを作ることを助けています。
また、αリポ酸には抗酸化作用があると言われており、すばやく吸収されることから、速やかにフリーラジカルの中和をし、老化を遅らせるとも考えられています。

上記以外にも、様々な美肌や身体の状態を健やかに保つ成分が、美容点滴には配合されています。

“白玉点滴”って本当に効果があるの?

身体に良いとされるサプリメントなどを摂っている方も多いと思いますが、経口摂取での難点は、効果があらわれるまでにそれなりの時間がかかることです。

経口摂取の場合、体内に入ってからは消化・分解された後に毛細血管を通して細胞に運ばれるため、吸収されるのにも時間がかかります。
また、経口摂取だと、成分の全てを吸収できるわけではなく、一部は排泄されてしまうことにもなってしまいます。

一方、点滴や注射であれば、有効成分をダイレクトに血管内に送り込むことができるので、実感できる効果が高くなるというわけです。

特に疲れがとれる、よく眠れるようになる、肌がしっとりする、体調が良くなる等の実感は、2~3回の注射で効果が現れている人方がほとんどです。

効果が出るには時間がかかる?

時間

経口摂取よりも効果が実感しやすいとはいえ、人間の身体のことです。
点滴を受けた次の日から劇的にお肌の状態が改善するといったことではなく、ある程度続けていった後に、実感ができるまでになります。
それに、それほど急激な変化があっては、かえって身体に良くはありません。
効果は徐々にあらわれ、実感できると思ってください。

効果的な点滴の頻度はどれくらい?

人により、また、美容点滴の成分にもよりますが、短い場合は3、4日空ければ次の点滴が受けられる場合もあるようです。 基本的には週に1度、体調などを見ながら通院して、お肌のコンディションが整ってきたらさらに担当の医師と相談して、その後の通院の間隔などを決めていきます。 回数を重ねるごとに、通院の間隔を空けていくのが通常のパターンのようです。

白玉点滴、美容点滴がどんなものなのかお伝えしてまいりましたが、いかがでしたでしょう。

一回の点滴にかかる時間は、15分から1時間程度のようですが、ご自身の身体のメンテナンスに多少の時間を使える方なら、満足度が高い施術かと思います。
また、費用に関してはクリニックで用意している点滴の種類と同じように、各クリニックによって様々です。
コースのようになっている場合も、1回の費用の設定の場合もありますから、事前にしっかり確認して、カウンセリングを受けた時に疑問はちゃんと解消しておきましょう。

以下の既往歴がある方、以下の薬剤使用中の方、高齢の方、妊娠されている方、
授乳中である方は、治療をお断りすることがあります。あらかじめ、ご了承ください。

◎既往歴
高血圧、糖尿病、喘息、てんかん、高度肥満(BMI30以上)、心臓病、脳疾患、精神科疾患、
膠原病、呼吸器疾患、腎機能障害、肝機能障害、血液疾患
◎薬剤使用中
ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固剤・抗血小板剤など(血液をサラサラにする薬)

Reservation

ご予約・お問い合わせ

完全予約制です
当院は完全予約制になりますので、
まずはお問い合せをお願いしております。
脱毛をご利用のお客様へ
脱毛に関しましては、来院初日は、カウンセリング・ご契約までとさせていただき、初回の照射は後日となります。
カウンセリングは無料です。
お電話でのご予約・お問い合わせ
TEL 03-3455-7007
TEL 03-3455-7007

診療時間:11:00~19:00
※土日祝 10:00~18:00
休診日:第1・3・5火曜日

※祝日は近隣の調剤薬局がお休みのため、休日調剤薬局がご利用いただけます。
基本的に、患者様ご自身で薬局をお探しいただくことになります。
ご理解とご協力をお願いします。

港区の休日調剤薬局に関しましては、以下URLをご覧ください。
http://www.kusuriminato.jp/holiday.html

ご予約・お問い合わせ
LINE@

LINE@にご登録されても、お客様同士が繋がる事はございません。