美容と医療のコラボレーション MBクリニック麻布十番

完全予約制

ご予約・お問い合わせ

03-3455-7007
東京都港区 MBクリニック麻布十番

あなたのお悩みをご相談下さい。

MBクリニックのホームページにお越しいただきありがとうございます。

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト
送 信

HIFU?いろいろできるみたいだけど・・・何ができるの?前編

2019.11.11

ウルトラフォーマー

さて、前回HIFUの原理を大まかに説明しました。超音波は人に聞こえない音波です。この超音波は振動を発生させます。鼓膜が震えるのと同じですね。この振動が「熱」を発生させ、コラーゲンに意図的に修復を促すダメージを与え、その修復機能を利用してコラーゲンを増やすという仕組みです。熱を与えて組織を破壊し、コラーゲンの産生を促す美容医療はレーザーなどが有名ですが、HIFUの場合は従来外科的で侵襲的な手術でしかアプローチできなかった奥の方にある、SMASという皮下組織の土台にあたる筋膜にアプローチできることが大きな特徴だったかと思います。簡単に言ってしまうと、コラーゲンを増やすことが出来て、今までに届かなかった場所にも届く機械ということでしたね。

頬を気にしながら遠くを見つめる女性

今回は、前編と後編に分けて、前編では、「コラーゲンを増やすことが出来る」ことによってどのようなお悩みをどのような施術で解決できるのか、また、後編では「今までに届かなかった場所に届く」ことによってどのように、どのような効果が得られるのかを説明していきます。

コラーゲンが減少する理由はいくつかあります。

乾燥、加齢、ケア不足、生活習慣など、その原因は多岐にわたります。複合的過ぎて、何が原因なのか考えてもよくわからないことも多々あります。そして、それはあなたが毎日見る鏡に結果として表れてしまうのです。シワ・タルミ・毛穴の開き・ほうれい線などです。でも、聞いてください。そう、鏡に映っているのはあなたではないのです。あくまでもコラーゲンがないあなたであって、本来のあなたはコラーゲンたっぷりなのです。。。と慰めて差し上げたいのは山々なのですが、、、

あなたには、コラーゲンがないからシワがあり、たるみ、毛穴も開いており、ほうれい線も目立つのです。だから、増やしましょうという非常にシンプルで前向きなお話です。

さて、コラーゲンを増やすにはいくつも方法が存在します。食生活、睡眠、規則正しい生活等、これらで少しは改善することもあるでしょう。しかし、これらの生活習慣というものはなかなか直らない!本当に大変ですよね。そこで美容医療の業界では、様々な技術を開発、進歩させ、あなたの悩みを解決する治療方法が沢山開発されてきているのです。

前回の復習をしたいのですが、HIFUの大きな特徴は光やレーザーを使用するのではなく、超音波を使用することにありました。この超音波ですが、人の耳に聞こえない音波であることは前回の記事で説明しました。音波は振動であり、振動は熱に変わることを前回の記事で説明しました。

この熱がコラーゲンを増やす秘訣なのです。なぜ熱が?と思われる方もいらっしゃると思いますが、ここが美容医療の面白いところなのです。「熱」を加えて組織を敢えて破壊することによって、修復しようとしてコラーゲンが産生されるのです。この仕組みを利用したのが昨今の美容医療です。コラーゲンが減少することによっておこるシワ・タルミ・毛穴の開き・ほうれい線などを治療するために、組織をあえて壊してコラーゲンを増やす!思いついた人はすごいですね。しかも、切らずに済むので怖くないという事も良いですよね。

皮下組織の説明

さて、ここで下図をご覧ください。 皮下組織の説明

こちらの図は前回の記事でも紹介しましたが、お肌の断面図です。
お肌の表面の「表皮」、コラーゲンやエラスチンなどでできている「真皮」、そして、それらを支える土台の筋膜、正式名称でSMASという筋膜で成り立っています。

つまり、ここに存在する組織を熱で破壊することによって、あたらしくより多く、コラーゲンが生成されるということです。

さて、、もうおわかりですよね。
シワ・タルミ・毛穴の開き・ほうれい線などはコラーゲンが少なくなっていることが大きな原因です。そして、それらは真皮にアプローチすることで解決が可能です。つまり、HIFUの超音波で真皮内の組織に熱を与えて破壊し、コラーゲンを増やしていくことが可能です。

熱を与えるHIFUであればコラーゲンを増やすことができるので、HIFUはシワ・タルミ・毛穴の開き・ほうれい線などに有効なのです。表面に見えている部分を含む表皮の部分にシワ・タルミ・毛穴の開き・ほうれい線などはあらわれてきます。つまり、表皮の下にある真皮にアプローチすることによって真皮の部分のコラーゲンが増えると、表皮にあらわれていたシワ・タルミ・毛穴の開き・ほうれい線などが解消されていくという事です。水風船に水が入っていない時はシワシワの状態ですが、水を入れていくことによって膨らみ、ハリがでてきますよね?これと同じようなイメージです。

シワ・タルミ・毛穴の開き・ほうれい線などの比較的表面的な皮膚のお悩みに対して、具体的にはMBクリニックの場合、HIFUシャワーという施術を行います。浅い層(真皮)に対して超音波をシャワーのようにあてていくこの施術は、肌のタイトニング(引き締め)や、肌質の改善、毛穴の引き締めなど肌をなめらかにする美肌効果があります。即時に効果を実感しやすく、安全で照射後のリスクも少ない事もハイフシャワーの特徴です。

ダウンタイムや痛みについてはレーザーや手術などと違いほとんどなく、施術後にメイクをしていただくことも可能です。しかし、稀に赤み、軽度の浮腫、火傷などが起こってしまう可能性もあります。その可能性を極力下げて安心して施術を受けていただけるようにしっかりとカウンセリングを行い、お肌の様子を確認して施術を行うことはもちろん、皮膚科も併設しています。

まとめ

さて、最近多くのクリニックがHIFUを取り入れてきていますが、エネルギーを加えて熱等を発生させる医療機器については、適切な施術を行わないと必要な部分以外にもダメージを与えてしまうリスクがあります。従って、技術を持った医療従事者による施術ではないと安心できないという事です。さらに言えば、美容医療だけではなく、皮膚に詳しいクリニックがさらに安心でしょう。MBクリニックであれば皮膚科併設なので安心してお肌の悩みなどの美容的なお悩みにもご相談頂けますのでもしシワ・タルミ・毛穴の開き・ほうれい線などでお悩みであれば是非ご相談ください。