美容と医療のコラボレーション MBC麻布十番(美容皮膚科)

完全予約制

ご予約・お問い合わせ

03-3478-1107

あなたのお悩みをご相談下さい。

MBC麻布十番(美容皮膚科)のホームページにお越しいただきありがとうございます。

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト
送 信

ポテンツァは肝斑やニキビなど肌質改善できる?その効果と性能を徹底解説

2021.07.02

ポテンツァ

POTENZA(ポテンツァ)は、マイクロニードルという微細な針を皮膚に挿入し、針先から高周波(RF)の熱エネルギーを照射することで肌再生を促す最新の美肌治療機器です。豊富な種類のチップと高周波の設定を組み合わせることで、肝斑や小じわ、ニキビ跡など様々な肌の悩みに対応します。ポテンツァで改善が期待できる症状とその仕組み、ダーマペンとの違い、痛みや安全性、ダウンタイムまで解説します。

ポテンツァとは?

ポテンツァとはマイクロニードルRFとよばれる治療の一つで、肝斑・小じわ・ニキビ・ニキビ跡のクレーターを改善する最新の美肌治療機器です。マイクロニードルという微細な針を皮膚の深い層(真皮層)まで挿入し、針先から高周波(RF:ラジオ波)を照射することで肌再生を促します。針のチップに従来の機械にはない「ドラッグデリバリー※」を搭載し、痛みを軽減しながらより高い治療効果を発揮します。

マイクロニードルにより真皮に微細な傷をつけることで、肌本来の傷を治そうとする力(創傷治癒効果)により肌のハリや弾力に重要なコラーゲンやエラスチンなどの増産を促進します。

ダーマペンもマイクロニードルを用いた治療ですが、ダーマペンと違いポテンツァはマイクロニードルの先端から高周波(RF:ラジオ波)を照射することができます。真皮に高周波の熱が加わることで肌のたるみが引き締まり、即時的なリフトアップ効果が期待できます。また二次的な効果として、熱で引き締まった肌からコラーゲンやエラスチンの再生が促され、肌のハリや弾力がアップします。

そして他のマイクロニードルRFにはないポテンツァ独自の特徴が、「ドラッグデリバリー※」ができる仕組みを持つチップ(ポッピングチップ)の搭載です。このチップによりダーマペンに比べて薬剤をより多く均一に皮膚に浸透させることができ、従来以上の治療効果を発揮します。

マイクロニードルの種類は、針の本数から長さまで豊富にあり、高周波の照射設定も幅広く変えられるので、肝斑・シミ、小じわや毛穴の開き、ニキビ・ニキビ跡などの様々な肌の悩みに対応できることが特徴です。

※ドラッグデリバリーとは、薬剤を「適切な場所に」「適切な量を」「適切な時間作用する」よう届ける仕組みで、薬剤の効果を最大限に高め、副作用を最小限に抑えることを目的としています。

ポテンツァはこんな肌のお悩みを解決

ポテンツァのマイクロニードルのチップは全部で11種類あり、高周波の設定も幅広く変えられます。また導入する薬剤にも豊富な種類があり、肌質や治療目的に合わせて最適な組み合わせを選ぶことができます。肝斑専用のマイクロニードルもあり、従来の機械では難しいとされる肝斑の治療も対応できるようになりました。

<ポテンツァの適応症状>

■若返り・肌質改善
・肌のハリや弾力
・小じわ、軽度のたるみ
・肌の色味を上げる(トーンアップ)
・赤ら顔、酒さ

■ニキビ・毛穴
・ニキビ、毛穴の開き、にきび跡のクレーターなど、肌の凹凸

■肝斑

ポテンツァはこんな方におススメ

様々な肌の悩みに対応できるポテンツァですが、ポテンツァの施術が向いている方を、他の治療器とは違うポテンツァならではのメリットとともに紹介します。

■痛みが少ない(痛みが不安な人におススメ)

ニードルごとに単独の電極を持つことで熱の分散が均一となり、これまでのマイクロニードルRF治療に比べて痛みを緩和することが可能になりました。また針を刺す速度を調整をすることで、痛みを感じにくくします。※痛みには個人差があります。

痛みが少ないことが特徴のポテンツァですが、MBC麻布十番では痛みが不安な方には麻酔クリームを追加して対応しています。

■ダウンタイムが少ない(ダウンタイムが気になる人におススメ)
マイクロニードル単独の治療では出血を伴い、ダウンタイムが長くなる傾向があります。ポテンツァは挿入した針の先端からRFを照射し、肌表面の熱傷を少なくし、より短いダウンタイムでの治療が行えます。

■治療効果を高める仕組み(肌への負担を最小限にして効果を感じたい人におススメ)
ポテンツァはRFを照射しながら薬剤の導入をしますが、空気を送り込みながら針を挿入し薬剤を注入するポンピングチップが搭載されています。従来のマイクロニードル治療より、薬剤をさらに均等かつ正確に注入するドラッグデリバリー※が可能になり、高い治療効果を発揮します。

■他の肝斑治療に効果を感じなかった人におススメ
これまでの肝斑治療が可能なレーザーとは違うメカニズムで肝斑の根本原因にアプローチするため、肝斑の治療だけでなく予防・再発防止効果が期待できます。肝斑の治療に適した専用のマイクロニードルのチップがあり、他の肝斑治療に効果を感じなかった方でも高い治療効果が見込まれることが特徴です。

ポテンツァはニキビや肝斑の根本原因にアプローチ

ポテンツァは、マイクロニードルのチップの種類によって、RFの照射範囲や照射エネルギーの深さ・強さを調整することができます。これまでの治療法とは違い根本にアプローチすることが可能になり、治療効果を高め、肌質改善に近づきます。

根本にアプローチした肝斑治療

肝斑とは、頬上部などがくすんでいるように色素が濃くなっている状態のことをいいます。

肝斑が発生するはっきりとした原因は不明ですが、メラノサイトというメラニン色素を作る細胞が活性化しており、紫外線やホルモンバランスの乱れなどで悪化することがわかっています。

シミとは性質が少し違い、シミ治療で使われるレーザーやIPL(フォトフェイシャル)を肝斑に当ててしまうと、メラノサイトが刺激され逆に色素が濃くなってしまうため、機械による治療が困難とされていました。

肝斑治療に使われるレーザートーニング は、出力の弱いレーザーでメラノサイトを刺激せずにメラニンの代謝・排泄を促しますが色素沈着や白抜け、出力が強くて濃くなってしまうリスクがあります。

ポテンツァはメラニン色素へのアプローチではなく、メラノサイト自体に直接アプローチしてメラニンを作る指令を抑えることで、肝斑を改善していきます。リスクを最小限に抑えた上で、高い効果を発揮することが可能となりました。

ニキビの根本治療にも

ポテンツァのニキビ治療は単針のニードルが用いられます。

ニキビは様々な原因から毛穴の皮脂腺から過剰に皮脂が分泌され、毛穴が詰まって炎症が起きている状態です。

ポテンツァによる治療は、ニキビができてしまった毛穴に対し直接針を挿入し、先端からRFを照射し、皮脂腺を焼く治療です。皮脂腺自体にアプローチするので、治療した個所はニキビ自体ができにくくなります。

ニキビが次から次へとできてしまう、毎回同じ個所にニキビができるといった方におすすめです。

ポテンツァ一台でニキビができにくい体質に、またニキビ跡の凹みに対してアプローチが可能です。

ポテンツァの効果の持続期間と価格

ポテンツァの効果はどれくらい持続するのでしょうか。また気になる価格も調べてみました。

ポテンツァの効果の持続時間

ポテンツァには決まった治療回数はなく1回でも効果を実感できますが、複数回受けることで治療効果が高まり、持続しやすくなります。

肌の引き締めやリフトアップ目的の治療は、施術直後からも実感できますが、1~3ヶ月後からコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質の再生がはじまるため、効果の実感も1~3ヶ月ほどあります。

毛穴やニキビ跡の肌質改善は、肌のターンオーバー(新陳代謝)に沿って効果がでてくるため、1ヶ月前後で実感できます。

施術間隔は3~4週間ですが、肝斑治療としての施術は2~4週間としているクリニックが多いです。

ポテンツァの価格

ポテンツァの価格はおおよそ10~20万円以上するクリニックが多いようです。

MBC麻布十番では肌質改善目的の治療で顔全体110,000円、初回限定で頬のみ33,000円から受けていただけます。

ニキビの皮脂腺に対する治療は、1~4個の範囲であれば11,000円。肝斑治療目的であれば45,000円。

お得なコース契約もありますので、料金ページをご確認ください。

まとめ

ポテンツァには主に、マイクロニードルによる肌本来の傷を治そうとする自然治癒力を利用した効果(創傷治癒効果)と、針先から照射する高周波(RF)の熱エネルギーによる肌再生を促進する効果があります。マイクロニードルの種類とRFの照射設定により、ポテンツァ1台で複数の肌の悩みにアプローチします。肌のハリ、くすみ、小じわ、ニキビ、ニキビ跡、肝斑などの悩みの方にはおススメの治療法です。

また最大の特徴であるポンピングチップの搭載により、薬剤を均一により多く注入するドラッグデリバリーシステムで、従来の治療機より高い治療効果を得ることができるようになりました。

MBC麻布十番では正しい知識と確かな技術で、患者さまのお悩みに適した治療選択をし、最良の提案をさせていただきます。まずは、どんなことでもご相談ください。

<筆者プロフィール>

MAI.O

MAI.O(美容皮膚科看護師・Webライター)
美容皮膚科クリニックの看護師。
大学病院小児科、保育園、小児科クリニックと小児科看護師として5年間勤務。その後美容皮膚科クリニックのスタッフとして、施術業務の他、クリニックのSNSの運用などを行う。現在は育休中につき、ライターとして活動している。
看護師、保健師、養護教諭、日本化粧品検定3級の資格を所有