あなたのお悩みをご相談下さい。

MBC・麻布十番(皮膚科・美容皮膚科)のホームページにお越しいただきありがとうございます。

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト
送 信

ピコレーザーはシミ、毛穴、肝斑に効果的|失敗例と失敗予防法も紹介

公開 2023年2月21日
更新 2023年9月2日

「ピコレーザーはシミに効果的と聞くけど本当?」「従来のいわゆるシミ取りレーザーと何が違うの?」など、ピコレーザーに関する疑問をお持ちではないでしょうか。

今回は、ピコレーザーとはどんな治療なのか?その特徴や対応する肌悩み、効果、痛み、ダウンタイムまで解説します。また、効果を感じないと思う人の理由や失敗例も紹介します。後半で、失敗しないための予防策も紹介しているので、ピコレーザーを検討している人はぜひ参考にしてください。

医師アイコン
MBC・麻布十番 院長
山崎 禮子
監修者

聖マリアンナ医科大学医学部付属病院皮膚科、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院皮膚科にて勤務したのち、医療法人社団奏愛会 おおふな皮膚科など皮膚科クリニックにて研鑽を重ね当クリニックにて勤務。

タカヒ 沙苗
美容皮膚科看護師・美容講師
タカヒ 沙苗
ライター

看護師、保健師の他に、日本コスメティック協会認定インストラクターなど美容資格12個を持つ。現在は、札幌市内の皮膚科、美容皮膚科で看護師として勤務する傍ら、美容講師として活動。メディアにも出演し、正しい肌理論に基づくスキンケアを普及に努めている。

ピコレーザーはシミ、肝斑、毛穴、ニキビ跡、小じわなどの肌悩みに効果的

ピコレーザーはシミ、肝斑、毛穴、ニキビ跡、小じわなどさまざまな肌悩みに効果が期待できる治療法です。まずは、ピコレーザーとはどのような治療法なのか詳しく解説します。

ピコレーザーとは?

ピコレーザーとは、照射時間がピコ秒(1兆分の1秒)の単位でレーザーを照射できる機械を使って、シミ、くすみ、色素沈着を改善していく治療です。従来のレーザーの照射時間はナノ秒(10億分の1秒)で、熱による肌ダメージが大きく痛みを伴うものでした。しかし、ピコレーザーはピコ秒という非常に短いパルス幅で治療を行っていくため、照射時間は短くなります。そのため、熱による肌ダメージと痛みが少なく、色素沈着のリスクを抑えて治療ができると注目されています。

従来のレーザーよりもメラニンを細かく砕き、肌細胞を活性化させて、肌のハリツヤを出したり、色味以外にも美肌効果が期待できるようになりました。

つまり、ピコレーザーは従来のレーザーよりも、痛みや色素沈着のリスクを抑えつつ、シミなどの色味以外にもさまざまな肌悩みの改善が期待できる治療法と言えます。
では、ピコレーザーが具体的にどのような肌悩みに対応しているのか詳しく見ていきます。

ピコレーザーはこんな方におすすめ

ピコレーザーは以下のような肌悩みを持つ方におすすめです。

ピコレーザーはこんな方におすすめ

・肝斑の方
・薄いシミの方
・シミを薄くしたい方
・ニキビ跡を改善したい方
・毛穴の開きを改善したい方
・タトゥーを消したい方
・アートメイクを消したい方
・美肌治療をしたい方

肌悩みに合わせて3つの照射モードを使い分ける

ピコレーザーには、ピコトーニング、ピコフラクショナル、ピコスポットという3つの照射モードがあり、それらを肌悩みに合わせて使い分けることで、さまざまな肌悩みに対応することができるのです。

ピコトーニング

ピコトーニング

ピコトーニングは、低出力のレーザーを照射し、メラニン色素を徐々に分解し排出させることで、シミやくすみを薄くしていきます。ピコトーニングは皮膚の深い所にある肝斑のメラニン色素までレーザーの熱を届けるため、肝斑の治療の一つとして用いられます。

ピコトーニングは低出力で、均一に広範囲にレーザーを照射することができるため、肌へのダメージはほとんどなく、パワーが強いレーザーだと悪化してしまうような肝斑や薄いシミにも効果が期待できます。

ピコトーニング後はシミの部分がかさぶたになることはありません。顔全体に複数回照射することで効果を実感しやすくなります。

また、ハリや弾力の元になるコラーゲンやエラスチンの生成が促されるため、シミやくすみだけでなく、小じわや毛穴の開きを改善する効果、肌のハリや弾力を出すなど美肌効果が期待できるのも特徴です。

ピコフラクショナル

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルには、ニキビ跡や毛穴の開きの改善、小じわ、肌のハリを出す効果も期待できます。

ピコフラクショナルは、ピコレーザーを肌の奥深い部分に点状に照射して熱エネルギーを届けることで、コラーゲンを増やしていきます。皮膚の再生が促されることにより、クレーターなどのニキビ跡や、毛穴の開きの改善、肌のハリを出すなど美肌効果も期待できます。

従来のフラクショナルレーザーは、痛みが強く、赤みなどダウンタイムが長いのが課題でした。ピコフラクショナルは肌の表面にダメージを与えずに、深い部分のみに熱エネルギーを加えることができるため、ダウンタイムが少なくてすみます。

ピコスポット

ピコスポット

ピコスポットは、ピコレーザーを照射して、形のあるハッキリとした濃いシミやそばかす、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などに対してピンポイントにアプローチする治療です。

従来のレーザー治療では、術後に治療部位にテープを貼る必要がありました。ピコスポットはターゲットのメラニン色素を細かく破壊しますが、周りへのダメージが少ないため、術後にテープは必要ありません。(ただし、症状によるため、テープを貼るかどうかは医師の判断によります)

治療部位のシミは一時的に濃くなり、薄いかさぶたができますが、1週間程するとかさぶたが剥がれ、シミが薄くなっていきます。1回のスポット照射でシミが取れることが多いですが、シミの種類によっては複数回の治療が必要になる場合もあります。

また、ピコスポットはタトゥー除去やアートメイクの除去にも用いられます。肌に入っている色素の粒子を細かく粉砕することで、タトゥーやアートメイクを薄くしていきます。1回で完全に除去することは難しいケースが多いです。色の深さや種類によっては複数回の照射が必要になります。

ピコスポットは従来のレーザーよりもダウンタイムが少ない上、少ない回数で治療が可能です。

ピコレーザーのここが凄い!3つの特徴を紹介

ピコレーザーには以下の3つのメリットがあります。

痛みとダウンタイムが少ない

痛みとダウンタイムが少ないピコレーザーですが、それぞれの照射モードで異なるため、詳しく解説します。

ピコトーニングの痛みは、レーザーのパワーが弱いため、痛みよりも軽く触れられている程度のチクチクした刺激を感じる方が多いです。

ピコフラクショナルレーザーの痛みは、人によってはパチパチはじかれるような感覚を感じることがあります。必要によっては、麻酔クリームを使用する場合もあります。

ピコレーザーでシミ治療をする際の痛みは、よく輪ゴムではじかれた程度と言われ、痛みよりも熱さを強く感じる方もいます。麻酔クリームを使わなくても我慢できる程度の痛みです。

しかし、ピコレーザーでタトゥーを除去する時の痛みは、タトゥーを入れる時よりも痛いと言われています。チクチク刺されるような痛みや熱さを感じる方もいます。クリニックによっては、麻酔クリームを使って治療することもあるため、痛みが気になる方はカウンセリング時に聞いてみましょう。

肌へのダメージが少なく、色素沈着しづらい

従来のレーザーは、照射後4週間程でシミが再度濃くなる炎症後色素沈着のリスクがありました。ピコレーザーは熱ではなく衝撃波で色素を破壊するため、シミ以外の周囲にダメージを起こすことはなく、色素沈着のリスクはとても低いです。

少ない回数で効果が実感しやすい

ピコレーザーは、照射モードによって1回の施術での効果は異なります。

肝斑や肌質改善などのために行うピコトーニングでは、1回の治療でもある程度の効果を感じられますが、数回継続した方がより高い効果を期待できます。

ピコフラクショナルは1回でも効果がありますが、深い毛穴の開きや凹凸の改善効果に対しては複数回の治療がおすすめです。施術は、2~4週間ごとに約3~5回程度(2~3ヶ月間)受けると効果を実感しやすいです。

ピコスポットでシミを改善させたいという場合は、1回の治療でも効果がある場合もあります。しかし、濃いシミやタトゥー、アートメイクを除去する場合やは複数回の治療が必要になることもあります。

ピコレーザーで失敗はある?効果なしと感じる人の理由

肌ダメージが少なく、痛みやダウンタイム、副作用が少ないピコレーザーですが、医療機器である以上、副作用もあります。それぞれの副作用の症状と注意点を解説します。

赤み

ピコレーザーは従来のレーザーより肌ダメージが少ないと言われていますが、元々の肌質により赤みが出る方もいます。時間の経過とともに赤みはひいていきます。万が一、赤みがひかない場合は治療を行ったクリニックに相談をしてみましょう。

色素沈着

ピコレーザーは熱ダメージが少ないため、従来のレーザーに比べて、炎症後の色素沈着のリスクが低いと言われています。しかし、炎症後の色素沈着が起こる可能性はゼロではありません。

色素沈着を予防するために、ピコレーザー治療中は紫外線対策をしっかり行う必要があります。日焼けしやすい肌質の方は日頃から紫外線対策を意識しましょう。

また、ピコスポット治療では治療部位にかさぶたができることがありますが、それを無理に剥がしたり擦ったりしてしまうと炎症後の色素沈着につながる可能性があります。保湿をしっかりして、かさぶたが自然に剥がれるのを待ちましょう。

点状出血

頻度は少ないですが、肌が薄く毛細血管が弱い方は、点状出血になる可能性があります。1週間程で自然に改善していきます。

効果なしと感じる理由と対処法

ピコレーザー治療で思うような効果が得られなかったり、炎症後の色素沈着が起きてシミが増えたりする可能性は、ほかの美容治療よりも低いと考えられます。しかし、元々日焼けしやすい体質であったり、治療後のホームケアによっては、効果を感じない人もいるかもしれません。

元々日焼けしやすい肌質の方は、紫外線を吸収しやすくメラニン生成能力が高いです。
レーザー治療後は肌は外からの刺激に弱い状態になっています。普段より紫外線の影響を受けやすくなるため、紫外線の影響によりシミが増えてしまうことがあるかもしれません。年中日焼け止めを使用し、紫外線対策を徹底するようにしましょう。

また、レーザー照射後はアフターケアがとても大切です。ピコスポット治療後にシミがかさぶたになって取れていく過程で、無理にかさぶたをはがしてしまったり、強い刺激を加えてしまうと色素沈着の原因となります。
スキンケアを行う際は擦らないようにしたり、不必要な刺激を与えないなど注意する必要があります。

ピコレーザーの費用や施術回数、ダウンタイムについてもっと詳しく知りたい方は「ピコレーザーとは|シミやニキビに効果あり?ダウンタイムや費用、治療の注意点まで美容専門家が徹底解説」のコラムも併せてチェックしてみましょう。

ピコレーザーに関するよくあるQA

ピコレーザーでよく聞かれる質問とその回答を紹介します。

Q.どの位の治療間隔で通院すればいいですか?

A.ピコトーニングは2~4週間の間隔をあけて施術を受けるのがおすすめです。ピコフラクショナルは4週間程度の間隔が必要です。

Q.ピコスポット治療では1回でシミやそばかすは取れますか?

A.シミやそばかすは1回でも薄くなりますが、シミの種類によっては2~3回の照射を必要とすることもあります。

Q.ピコスポット治療の当日はメイクや洗顔はできますか?日常生活での注意点はありますか?

A.当日から洗顔やメイク、入浴をすることができます。照射箇所が多い場合は、メイクや洗顔、入浴は翌日からが望ましいです。治療後10日後程度までは刺激を与えず優しく洗顔するようにしてください。
また、紫外線対策と保湿もしっかり行うようにしてください。

Q.ピコスポット治療での美肌効果はどの程度期待できますか?

A.ピコスポット治療は、シミ取りが主な目的です。美肌効果を期待するのであればピコトーニングと併用するのがおすすめです。

Q.ピコレーザー照射中に痛みはありますか?

A.ピコスポットは、ゴムではじかれたような痛みを感じる方が多いです。ピコトーニングは、個人差がありますがほとんど痛みはなく、軽いチクチク感程度です。ピコフラクショナルは、チクチクする痛みですが、従来のフラクショナルレーザーのような痛みはありません。