あなたのお悩みをご相談下さい。

MBC・麻布十番(皮膚科・美容皮膚科)のホームページにお越しいただきありがとうございます。

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト
送 信

プロファイロの効果/回数/持続期間を紹介!他の治療法とのコスパ比較

公開 2022年3月8日
更新 2023年9月2日

シミやしわが目立ってくるとエイジングケアが気になると思いますが、若く見られるカギは肌づくりです。加齢によって肌の細胞ひとつひとつが衰えてくると、ハリや潤いがなくなり、ほうれい線やフェイスラインのたるみが気になっていきます。見た目の印象を若返らせるなら、肌の再生力を高めるプロファイロが効果的です。

本記事では、プロファイロのエイジングケア効果やダウンタイムを解説します。どのエイジングケアを受けようか迷っている方は参考にしてください。

医師アイコン
MBC・麻布十番 院長
山崎 禮子
監修者

聖マリアンナ医科大学医学部付属病院皮膚科、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院皮膚科にて勤務したのち、医療法人社団奏愛会 おおふな皮膚科など皮膚科クリニックにて研鑽を重ね当クリニックにて勤務。

小坂 恵
美容皮膚科看護師・美容医療ライター
小坂 恵
ライター

看護師として総合病院で病棟・外来勤務(婦人科、整形外科、脳神経外科、放射線科など)を経験。また、皮膚科専門医の下で皮膚科・形成外科・美容皮膚科のクリニックで働いた経験を活かし、美容医療ライターとして活動中。美容や医療に関する専門的な記事の執筆や監修を手がける。様々なメディアで、コラム監修、執筆等を行い、美容専門家として認定され掲載されている。

プロファイロはこんな人におすすめ

プロファイロの仕組み

プロファイロは肌全体の再生能力を高められる全く新しいタイプのヒアルロン酸製剤です。注入すると深部にある肌細胞に浸透し、真皮層の細胞が活性化することで損傷を受けた部分が再構築(リモデリング)され、健康な皮膚の構造や機能を維持できる仕組みです。

肌の深いしわを例に考えると、加齢や紫外線によって真皮の構造に劣化が起こり、肌表面を支えられなくなって深いしわになります。プロファイロを肌に注入すると、真皮の肌細胞に働きかけて劣化した組織をリモデリングし、へこんだ表面の肌を再び持ち上げるのです。

再生医療は、30代から徐々に現れてくる目元や口元の細かいしわ、50代60代でほうれい線など徐々に深くなるしわ、頬やフェイスラインのたるみや首の縦じわ、さらに肌のくすみ、シミにも効果的です。

特定の部位に限らず、年齢を重ねてしぼんだような肌も全体的なボリュームが出てふっくら柔らかくなり、肌のツヤやキメなどの質感も改善します。肌に年齢を感じ始めた方や、すでに年齢サインが出ている方にもおすすめの美容施術です。

プロファイロには「高分子」と「低分子」の2種のヒアルロン酸が配合されています。2種類が特殊な結合をしたハイブリッド型のヒアルロン酸です。

高分子:細胞外マトリックス内に配置され、細胞の膨張と効果の持続をもたらします。

低分子:ヒアルロン酸の産生を増加させ、深部の水分が増加します。

プロファイロの仕組みは単なる注入施術ではなく再生医療にあたり、顔や手、首のエイジングケアへの有効性が注目されています。

適応部位は、顔全体、額、口や目のまわり、首、手の甲などです。目の下のクマや毛穴の開き、ニキビ跡や傷跡の治療にも用いられています。

プロファイロの作用は肌の機能を高めて、肌が生まれ変わるのをサポートするのが特徴です。加齢で失った潤いやハリ、弾力をふっくらと若々しいツヤのある肌へと仕上げます。

肌細胞の再生力が上がってリモデリングが進むと、肌のしわやたるみが改善され、ボリュームや質感も本来の肌を維持することが可能です。深部の細胞が活性化することで、ターンオーバーも正常化して肌のくすみ改善や美白効果も得られます。

プロファイロは純度の高いヒアルロン酸で、高い効果と安全性が認められて世界特許を取得した「NAHYCO® テクノロジー」です。イタリアIBSA社が特殊な熱加工によって開発・製造し、世界80カ国以上で優れたエイジングケアとして高く評価されています。

プロファイロのおすすめ回数、頻度、持続期間

プロファイロは1回目から効果を実感できますが、エイジングケアを目的としているなら1ヶ月に2回の施術を受けるのがおすすめです。

1回目の注入直後にはヒアルロン酸を注入した直接的なリフトアップ効果が得られますが、その後も数週間から1ヶ月程度かけて皮膚のリモデリング化が進んでいき、自然な若返りが期待できます。

1回目の施術では肌の潤いを感じられ、2回の施術を受けると肌の引き締まりや質感の違いなどしっかりとした変化を実感できます。効率的に肌にボリュームを出すためにも、2回を1セットにしているクリニックが多いです。

プロファイロを注入した効果の持続期間は6ヶ月程度なので、肌のコンディションを維持したいなら3回目からは1年に1~2回の施術を続けるのがおすすめです。

プロファイロの副作用とダウンタイム

プロファイロの施術は1回が10分程度と短時間です。施術中には、薬を注入する際に針を刺す痛みが生じます。複数箇所に施術するため、痛みが心配な方は注入ポイントに麻酔クリームを使用して施術をします。

注入の20~30分前に麻酔クリームを塗布すれば、痛みはほとんどありません。麻酔の費用が別途かかることがあり、クリニックごとに費用の詳細を確認しておくと安心です。

プロファイロには副作用はほとんど見られませんが、施術後数時間~1日程度は赤みやむくみがでる可能性があります。赤みやむくみを抑えるために注射をする箇所の肌を冷やして注入します。

プロファイロは架橋剤が含まれていないためアレルギーが発生しにくくなっています。

少し硬めの製剤ということもあり、注入による盛り上がりが気になることがありますが、注入する量が少ないこともあり不快感はあまり感じません。プロファイロはすぐに肌へ吸収されていき、赤みや腫れなどのダウンタイムが短い施術です。

プロファイロは注射の跡が2~3日生じることがあります。また、内出血を起こす可能性もありますが、何もしなくても1~2週間で薄くなって消えます。注入施術は直後に血流が増えると内出血が起こりやすくなるため、施術当日には入浴や激しい運動を控えることが望ましいです。

プロファイロはコスパがよいのか?他の治療法との違い

従来のしわ治療にもヒアルロン酸やボトックスを注入する施術はありましたが、プロファイロはそれらとはアプローチが異なります。

従来のヒアルロン酸注入治療

今までのヒアルロン酸注入治療は、しわの凹みを物理的に埋める目的でヒアルロン酸を使用していました。

ヒアルロン酸注入治療

シワ治療用のヒアルロン酸は、効果を持続させるために架橋して吸収されにくく加工しています。ときに架橋ヒアルロン酸のたんぱく質でアレルギーを起こすことがあり、ヒアルロン酸注入には副作用への注意が必要です。

ボトックス注入治療

ボトックス注入治療は筋肉の動きを抑えてしわをできにくくする方法です。

ボトックス注入治療

プロファイロとの違い

プロファイロは真皮の肌細胞に働きかけて劣化した組織をリモデリングし、へこんだ表面の肌を再び持ち上げます。ピンポイントで作用するヒアルロン酸とボトックス注入治療と異なり、プロファイロは顔全体の肌のボリュームアップができます。

ヒアルロン酸とボトックス注入

ヒアルロン酸とボトックス注入治療は、それぞれ特定のシワへピンポイントに注入し、しわの深さや数によって必要な薬剤の量が異なります。

プロファイロ注入

一方、プロファイロは基本的な注入部位が決まっていて、お悩みに合わせて注入箇所を選択します。
顔10箇所と首10箇所それぞれに決まった注入ポイントがあり、少量ずつ注入して全体的な肌の再生を促す治療方法です。複数の注入ポイントにプロファイロを注入したら、自然と浸透・拡散されて肌全体へ作用します。

スネコス

プロファイロと同じ注入タイプの再生医療である「スネコス」は、コラーゲン・エラスチンの合成を促し、肌の弾力やハリを回復させていく治療です。額、眉間、目尻などの小じわや目の下のクマなどを改善する働きが期待できます。

スネコスは2種類あり、プロファイロよりも柔らかい製剤で目元にも使用できます。リフトアップが得意ですが、しわの程度に合わせて使い分ける必要があります。

コスパを比較

ヒアルロン酸注射は種類にもよりますが、1本6~10万円程度が相場で、持続期間は1~2年です。ボトックスもジェネリックなどの使用によって金額に大きく差がありますが、8,000~50,000円程度が相場です。ヒアルロン酸に比べると安い料金設定ですが、持続期間は3~4ヶ月と短いため長期的に施術をするとなると金額はそれほど変わりません。

プロファイロは2回セットが1クールで220,000~300,000円が相場です。その後半年に1回ずつ施術するとして120,000~180,000円かかるので、ヒアルロン酸やボトックスに比べると2~3倍費用は高いです。

しかし、プロファイロはしわ取りだけでなく肌全体のエイジングケアができます。ヒアルロン酸やボトックスは注入する量が増えるほど料金も跳ね上がります。顔や首など全体的な若返りを希望するならプロファイロの方がコスパがよいでしょう。

スネコスはしっかり効果を出すには7~10日おきに4回の施術が必要です。
スネコスの料金相場は1回の施術が55,000~77,000円、4回コースで180,000~198,000円です。プロファイロは1本または1回の施術が120,000~180,000円、2回セットで220,000~300,000円です。

1回の施術単価としてはプロファイロが2倍程度高くなりますが、1クールの料金相場となるとスネコスとそれほど変わらない価格です。1ク―ルの施術回数はプロファイロの方が少なく、肌全体への効果の現れ方を考えるとプロファイロの方がコスパはよいと言っていいでしょう。

美容クリニック選びのコツ

プロファイロは副作用の少なさから安全性の高いヒアルロン酸製剤です。しかし、副作用の出現はゼロではありません。

クリニックで施術の前にカウンセリングや問診を行うのは、副作用の出現を予測してできるだけ防ぐためです。少し時間はかかっても、丁寧にヒアリングをしてくれるクリニックは、患者さんの健康を優先してしっかりと安全対策をしていると考えられます。

何か治療中の方やアレルギー体質の方は施術前に医師に声をかけていただくことで、より安全に施術が受けられます。

また、プロファイロは自由診療となるため、それぞれのクリニックで料金設定が異なります。料金が相場の範囲から大きく外れて高く設定されているクリニックであれば、その費用の内訳について確認してみましょう。

価格に見合った施術が提供されると納得できれば、後々トラブルにも発展しにくいでしょう。

まとめ

プロファイロは細胞のリモデリングができるヒアルロン酸注入による再生医療です。肌のいくつかのポイントに注入するだけで全体的なボリュームアップができ、しわやたるみを改善できます。また、肌全体にキメやツヤなども出て、くすみや傷跡を目立たなくさせることも可能です。

2セットの施術を受けたら、半年に1回程度の定期的なメンテナンスで若々しい印象をキープできます。プロファイロの施術で若返りたいと思ったら、自分が信頼できるクリニックで相談してみましょう。

プロファイロ 効果・料金について 専用サイトはこちら