美容と医療のコラボレーション MBC麻布十番(美容皮膚科)

完全予約制

ご予約・お問い合わせ

03-3478-1107

あなたのお悩みをご相談下さい。

MBC麻布十番(美容皮膚科)のホームページにお越しいただきありがとうございます。

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト
送 信

幹細胞で若返り!効果の違いを解説!幹細胞治療/培養液療法/コスメ

2022.07.26

幹細胞治療

この記事の監修者

医師アイコン
MBC麻布十番 院長
山崎 禮子
専門科目: 皮膚科

聖マリアンナ医科大学医学部付属病院皮膚科、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院皮膚科にて勤務したのち、医療法人社団奏愛会 おおふな皮膚科など皮膚科クリニックにて研鑽を重ね当クリニックにて勤務。

幹細胞治療は医療分野だけでなく、美容業界からも注目されている最先端のエイジングケアです。最近では、さまざまなクリニックで幹細胞を使った治療が行われており、どのような治療なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

幹細胞は私たちの体の中にある細胞を修復する働きがあり、肌を根本的に若返らせてくれる効果が期待できるといわれています。

年齢を重ねても若々しくきれいでいたいと思うのは自然なことです。この記事では、幹細胞治療の効果や、幹細胞培養上清液療法との違いなどについて詳しく解説します。幹細胞治療を受けようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

幹細胞には若返り効果がある

幹細胞はなぜ若返り効果があるといわれているのでしょうか。ここでは、幹細胞と若返りの仕組みについて解説します。

幹細胞とは

幹細胞とは

私たちの体の中には、60兆個という膨大な数の細胞があります。皮膚や血管、臓器などは全てこれらの細胞によって作られているのです。

細胞には寿命があり、失われた細胞は絶えず補充されることで体内の組織が保たれています。この新しい細胞を補充する能力を持った細胞が「幹細胞」です。

幹細胞には「自己複製能」と「多分化能」の2つがあります。自己複製能は、自分と同じ細胞を作り出すことができる能力を持った幹細胞です。

もう一つの多分化能は、体内に存在するさまざまな細胞を作り出す能力を持っており、血液や皮膚、腸などの組織や臓器で失われた細胞のかわりを作り続けています。

幹細胞が若返りを助ける仕組み

幹細胞が若返りを助ける仕組み

肌の老化を加速させる原因に大きく影響しているのが「繊維芽細胞」の老化です。繊維芽細胞は皮膚の真皮層にあり、肌のハリや弾力を保つために必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成する役割を担っています。

しかし、活性酸素や紫外線などによって繊維芽細胞が老化すると、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、細胞の数が減っていきます。

その結果、コラーゲンやエラスチンなどをうまく作り出せなくなるため、肌の弾力がなくなりシワやたるみといった老化症状があらわれるのです。

また繊維芽細胞は20歳から少しずつ減り始め、50歳を超えると20歳の頃の約3分の1になるといわれています。シワやたるみのない若々しい肌を保つには、繊維芽細胞が活発かどうかが大切なのです。 
幹細胞治療は、肌の弾力に欠かせない繊維芽細胞を増やすことができるため、老化の進行を抑え若返りに効果的だといわれています。

幹細胞培養上清液療法とコスメには幹細胞は含まれていない

幹細胞を使った治療には「幹細胞治療」「幹細胞培養上清液療法」「幹細胞コスメ」の3つがあります。全て幹細胞が入っていると思われている方もいるのではないでしょうか。

実は、幹細胞培養上清液療法と幹細胞コスメには幹細胞が入っていません。ここでは3つの違いについて解説していきます。

幹細胞治療

幹細胞治療

幹細胞の中で、細胞を補充するために新しい細胞を作り続ける役割を持っているのは「成体幹細胞」です。成体幹細胞の中にある「間葉系幹細胞」は、骨や筋肉、血管、皮膚に分化することがわかっており、幹細胞治療には間葉系幹細胞が用いられています。

幹細胞治療は、自身の体の中にある幹細胞を採取して培養し、増殖させた後で体内へ戻す治療です。幹細胞はさまざまなところから採取することができますが、含有量や成長因子の種類が多い脂肪由来の幹細胞が主流として使われています。

体内に入った元気な幹細胞は、少しずつ細胞分裂しながら減少した細胞を修復させ、老化前のシワやたるみのない肌に導いてくれます。一回の治療で2年〜3年かけてゆっくりと肌が若返っていきます。

肌の若返り以外でも、神経性疼痛のような慢性疾患の軽減や、血管の老化を防ぐことで脳心血管病の予防にもつながるなど、さまざまな効果が期待されています。

ダウンタイムはほとんどありませんが、腫れや痛みが出る場合があります。また注入した箇所が少し膨らみますが1週間ほどで落ち着きます。施術した日に軽いメイクをすることも可能です。

自身の細胞なので、アレルギーなどの副作用の心配がほとんどありません。また、幹細胞治療は厚生労働省が認可した「特定認定再生医療等委員会」の審査を受けて承認されたクリニックでしか治療をすることができません。

幹細胞治療は根本的に肌機能を回復させて、自然な若返りと持続性、安全性が期待できる治療だといえるでしょう。

ただし幹細胞治療は最先端の再生医療のため、費用はかなり高額になります。相場は数百万円〜1,500万円といわれており、気軽に受けられる治療ではないといえます。MBC麻布十番の幹細胞治療は、150万~300万円程度で、幹細胞治療の相場からすると比較的手頃な価格で受けることができます。

幹細胞治療には保険適用される場合もありますが、保険が適用されるのはごく限られた疾患のみです。エイジングケアのための治療は、自由診療になるので全額自己負担になります。

幹細胞治療を考えられている方は、まずクリニックに治療や費用などについて問い合わせてみることをおすすめします。

幹細胞培養上清液療法

幹細胞培養上清液療法

幹細胞培養上清液療法とは、人の体内にある幹細胞(ヒト幹細胞)を培養した培養液の「上澄み液」を使った再生医療です。

幹細胞治療と違い、幹細胞そのものが含まれているわけではありません。しかし、幹細胞培養液には細胞を活性化する多くの成長因子が含まれており、組織の再生を促進させる働きがあります。

目的によって治療法が異なりますが、アンチエイジングとして使われるのは点滴と注射です。点滴は血管に直接注入するため、早く効果を得ることができることと、全身への効果が期待できます。

また気になる部位だけ治療したい場合は、局所に集中的に注射する治療法が効果的です。費用の相場は1回1万円〜数万円なので、幹細胞治療に比べて受けやすい治療だといえるでしょう。

幹細胞培養上清液療法は、点滴や注射による腫れや内出血などが起こる場合がありますが、数日で消えることがほとんどです。個人差がありますが、アレルギー症状やめまいなどが起こることもあります。

MBC麻布十番は、再生医療が受けられるクリニックです。肌の若返り治療として幹細胞培養上清液(ステムサップ)点滴を行っています。目的に合わせて局所注射による治療も可能です。

また頭皮に注入して薄毛の改善・育毛を促進させる治療も受けることができます。注入する痛みが少なく安全性の高いMPガンを用いているので安心です。

幹細胞培養上清液点滴について詳しく知りたい方は、「幹細胞培養上清液点滴で細胞を再生!効果とその持続期間から相場まで」の記事も併せてご覧いただくとさらに理解が深まるでしょう。

幹細胞コスメ

幹細胞コスメも幹細胞培養上清液療法と同様に、幹細胞が入っているわけではありません。幹細胞を増殖させた際の「培養液の上澄み」が入っているものです。

幹細胞コスメに入っている幹細胞培養液には「ヒト幹細胞(ヒト由来)」と「植物幹細胞(植物由来)」の2種類があります。

実は「動物幹細胞」といって馬や豚、羊などの胎盤から採取されたものもありますが、安全性が確保できていないため国内では使われていません。

ヒト幹細胞培養上清液は、人の皮下脂肪等から採取した幹細胞を培養した際の「上澄み液」のことです。「ヒト幹細胞コスメ」と呼ばれていて、スキンケアアイテムでもっともよく使われています。植物幹細胞培養液は、植物由来の培養液が配合されているものです。

幹細胞培養上清液療法に効果はある?

幹細胞培養上清液療法に使われる上澄み液には、成長因子であるサイトカインが含まれており、肌再生を促進します。傷ついた組織や細胞を回復させる働きがあり、老化で衰えた肌を修復する効果が期待できます。

【幹細胞培養液に含まれる成長因子】
・bFGF:血管新生・組織修復
・EGF:シワの改善・傷口の回復促進
・PDGF:シワの改善・皮膚細胞の再生
・IGF-1:シワの改善・コラーゲンやエラスチンの産生
・VEGF:シワの予防

幹細胞培養上清液療法は、目の下のたるみ治療や肌全体の弾力、ハリを改善するのに効果的です。また、薄毛やAGA治療への効果も期待できるといわれています。幹細胞培養液には、毛母細胞を活性化させる働きがあり、直接頭皮へ注射することで育毛を促進します。

幹細胞治療と同じように美容面や健康面での効果が期待できますが、幹細胞治療と比べると効果の持続期間が短く、月に1〜2回定期的に治療を受けることで効果を維持することができる治療です。

幹細胞コスメには効果がある?

幹細胞コスメは、ヒト幹細胞培養上清液と植物幹細胞培養液によって効果が異なります。ヒト幹細胞培養上清液の効果は、細胞を活性化させて肌のターンオーバーを促進させることです。

肌の表面には「レセプター」と呼ばれるカギ穴のようなものがあり、ヒト幹細胞培養上清液に含まれる成長因子などがそのカギ穴に合致することで、細胞が活性化するのです。細胞の活性化により、ターンオーバーが正常に行われるようになります。

ターンオーバーが繰り返し行われることで、メラニンを排出しやすくなり、シミの改善やシミができにくい肌になるのです。またヒト幹細胞培養上清液には、肌の真皮層にある繊維芽細胞に働きかける成長因子が入っているので、ハリや弾力のある肌に導いてくれます。

一方で植物幹細胞培養液の効果は、高い抗酸化力と保湿力に優れていることです。高い抗酸化力は、肌のくすみを改善しながらダメージを修復する効果が期待できます。また保湿効果があるので、肌の潤いやハリを保つのにも効果的だといわれています。

自分に合った治療法で若返りを叶えましょう

幹細胞治療は、自身の細胞を活性化して修復することで、自然な若返りが期待できる治療です。とても魅力的な治療ですが、費用が高額なので簡単に治療を受けることは難しいといえるでしょう。

今回は、「幹細胞培養上清液療法」や「幹細胞コスメ」についてもご紹介しました。幹細胞治療のように幹細胞そのものが入っていないので、半永久的な効果ではありませんが、肌の若返りや美肌への効果が期待できます。

エイジングケアは一日でも早くはじめることがおすすめです。自分に合った治療法で、ぜひ肌の若返りを目指してください。

<筆者プロフィール>

弥づき 飛ろ(やづき ひろ)

弥づき 飛ろ(やづき ひろ)
美容マニアで、多数の美顔器やコスメなどを試して、体験談を発信している。
また、美容治療についても、美容注射、レーザー、小顔矯正、ハイフ、美白施術などの施術体験がある。
実体験を交えた情報発信に共感する女性ファンが多数。